■入院までの経緯についてはこちらにまとめています。

2007年03月01日

診察受診も問題なし

前回診察からちょうど1ヶ月経過した本日、病院で診察してもらった。傷口の回復は順調で、外見からはまず手術をしたことが分からないまでになっている。きわめて良好とのことで医師も喜んでおられた。

ただ転移・再発の恐れは引き続きあるので、今月下旬に頸部および胸部のCT撮影の予約を入れた。定期的な検診によりデータの蓄積が早期発見には欠かせない。
ラベル:ガン がん
posted by 徳山秀樹 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。