■入院までの経緯についてはこちらにまとめています。

2006年12月26日

退院当日

画像0017.jpg昨日の朝まで流動食だったのに、あっという間に退院へ。昨日はクリスマスということで病院の夕食も少しスペシャルで、ギリギリ間に合ってラッキーだった。

あいにくの雨模様だが、ゆっくり帰宅する予定。年明けから定期的に通院して経過観察しなければならないが、少しは落ち着けそうな見通しとなった。

17:00追記
昼前に無事に帰宅。現在は自宅でくつろぎながら、たまったメールのチェックなどをして過ごしている。

経過観察中は再発や首のリンパ節への転移を中心にみていくことになるが、現時点でそれらの兆候は認められないので、抗ガン剤や放射線治療といった具体的なことをするわけではなく当面は気楽なものになりそうだが、再発・転移はまずは1年以内が多いようなので気は抜けない。
posted by 徳山秀樹 at 07:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
徳山さん、退院おめでとうございます。
徳山さんのブログを毎日見させていただいており、自身の取引の参考にしています。 今回のご病気には大変驚きましたが、幸い大丈夫なご様子で安心しました。 これからも健康に気をつけてがんばってください。 ブログは楽しみにしていますのでよろしく。
Posted by abe at 2006年12月26日 17:39
徳山さん、退院おめでとうございます。
徳山さんのブログを毎日楽しみにせていただいております。
これからも健康に気をつけてがんばってください。 
マイホームナースと共に応援しています。
Posted by 仁 at 2006年12月28日 11:53
徳山さま

はじめまして、

著書を求めて徳山さまのことを知りました。
闘病って?どなたのことかなと、ご自身だと
HPで・・・人生いつ何が起きるかわからない
と思います。友人2人も悪性・良性・前立腺癌
手術したとこです。幸い元気に退院しました。
つい先日、知人が火災を、大晦日に挨拶に、
頑張りますと・・・そうなんです何があっても
負けないことが大事にですよね。

私は、数多くのアクシデントを乗り越えて、
今あるのは病気等々があったからこそだと・・
強く・幸い多き日々を実現されている方々を存じています。
他人事ではでないと思っています。
どうぞ生命力は、人や社会に尽くす使命感で
強くなると学びました。

何かの出会いを感じ、コメントしました。
どうぞ、克服を!ご健康を!心からお祈り
致します。

2006.12.31 23:00   mr.leon
Posted by mr.leon at 2006年12月31日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。