■入院までの経緯についてはこちらにまとめています。

2006年12月14日

術後の患部

画像0011.jpg幸い術後の痛みはまったくないのだが、当初は上唇が倍に腫れあがっていた。それも徐々におさまりつつあるが、まだこの程度の腫れがあって、口が自然に閉じられない。
posted by 徳山秀樹 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。