■入院までの経緯についてはこちらにまとめています。

2006年12月12日

手術翌日

手術次第で当日夜は集中治療室もあり得ると脅かされていたが、幸い一般病棟に戻ってこれた。しかし身体中にモニター監視のケーブルがつけられ、とても熟睡はできなかった。今日になって点滴以外は外されたので、ようやく自由の身に。当面の関心はいつ食事が再開されるかに。
posted by 徳山秀樹 at 09:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、たまに拝見させていただいております(*^^)
私も入院手術をしたことがあるのですが入院生活は4日目くらいには相当退屈になっちゃいました。
楽しみを見つけてくださいね(*^^*)
Posted by 姫 at 2006年12月13日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29472883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。