■入院までの経緯についてはこちらにまとめています。

2006年12月11日

手術当日

今日一日は食事は抜きで、間もなく点滴開始となる。ただ手術予定時間が二時間なので、全身麻酔にしてはそれほど大規模な措置はとられないという印象。手術そのものは眠っている間に終わってしまうと気楽に構えている。
posted by 徳山秀樹 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。